失礼を承知で。

おそらく、一般的には<ブスはもてない>ようです。

確かに<人間は根本的に、美しいものが好き>ということは、確かでしょう。

でも、その「美しい」という概念も非常に曖昧です。

おそらく、思っているよりも<ブスが好きな人>は多いはずです。

というよりも、<容姿は気にしない>人の割合は、実は少なくないと思われます。

「美人が好き」とか、「あの子、かわいいよね~」という
さも、「美しいものが好きです」というアピールや
実際に<美人と付き合う(結婚する)>といった願望というのは
おそらく「ステータス」や「プライド」が関わっています。

<自分(の価値観)が、どう思われるか>を気にするあまりです。

要は、「男のカッコつけ」なんです。

しかしながら、その中には「お、俺も・・・」という人もいるはずなんです。

でも「マイノリティー」になりたくないから、隠しているのです。

ブサイクが好きな男の本音を引き出す

狙うなら、この層です。

根本的に<ブスを馬鹿にしている人>は、この際放っておきましょう。

「隠れブス専」の中から、あなた好みを見つけていけばいいのです。

とは言っても、「本質的なブス専」を直感で見抜き
<仕掛けていく>ことは、確かに簡単ではありません。

これを読んでいる隠れブス専のみなさんに、人肌脱いでもらうことも必要です。

女性が<自分から行く>ことは、とても勇気がいることのようです。

ぜひ、本性を出していきましょう。

そしてブスの皆さん、「女なら感じて」ください。

<見逃さない努力>も必要です。

残念なことに、お互いがマイノリティーなのは確かなのです。

いろいろな「フェチ」がいるから「あなたフェチ」もいるはず

「フェチ」っていう言葉は、「異常に好き」と解釈されることが多いと思います。

基本的には「姿形」に関するものです。

「足」とか「耳」が好きという男性は、非常に多いです。

分かりやすい例だと「お胸」もそうですよね?

「胸がデカければ顔はどうでもいい」

っていう男って、けっーーーこういます。

〇〇なのに、〇〇

というのは、いわゆる「ギャップ」と言うんですかね?

  • ギャップ萌え
  • ツンデレ

いろいろな言葉で表現されるものでもあります。

コワモテの人が優しかったり

ヒョロヒョロなのにキザだったり

まあ、女性の好みも、男性にとっては難しいものです。

勘違いして欲しくはないんですが
「ブスのくせに」というわけじゃないんです。

ブスだからこそ<いい女の条件っぽい姿>に萌えるんですよ。

ちなみに「いい匂いのするブス」も、けっこう好きです。

「振る舞い」もスパイスに

フェチは主に<外見的>な要素が多いですが
「振る舞い」に関しても、アクセントになります。

冒頭で挙げた「目が小さいから、マスカラを塗りたくる」みたいな
けなげ、努力、そういったポイントが、なんかかわいく感じるんですよね。

  • 何か食べた後に、そっと唇を拭く
  • バックを持つ手の角度

きりがないんですけど、男性であればブス専関係なく
「好きな女性の振る舞い」があるはずです。

  • 髪をかき上げる姿
  • キーボードを叩く姿

まあ、こういうのが普通なんですかね?

で、こういったものを「見た目のフェチ」と組み合わせてみる。

これが<好みの正体>ではないかと。

そして、ブスはその組み合わせが非常に多彩なんです。

「美人」って、ある程度条件が決まってくるじゃないですか?

ブスは無限大なんですよ。

無限の可能性。