子供の身長を心配しているママというのは、
自分も、パパも身長が低いというケースが多いと思います。

離乳食もまだ始めていないような小さな赤ちゃんの場合は、まだ先の話になりますが

お兄ちゃんお姉ちゃんがいるご家庭は、参考にしてもらえればと思います。

基本的には、「両親の身長の平均よりもやや伸びる」傾向がありますが
男の子・女の子関わらず、ママ・パパのどちらか低い方よりも

更に低くなるケースも稀にあります。

おおよその身長を決める要因は、

  • 遺伝
  • 栄養
  • 睡眠時間(ホルモン分泌)

であり、複雑に絡み合って最終的にどこまで伸びるか決まってきます。

ちなみに日本人の平均身長は

  • 男性・・・170cm
  • 女性・・・158cm

統計を開始してから右肩上がりだったものが
横ばいになり、1mm単位で上下している状態です。

身長は遺伝しやすいものだが

上記で説明した通り、遺伝は身長の「伸びシロ」を決定する1つの要因にもなります。

両親が極端に大きい・小さい以外では、平均身長よりも5cm程度の乖離であり
10cmの乖離がある場合は、ホルモンバランスの異常も疑われます。

遺伝というベースから、どの程度身長を伸びる・伸びないかは
やはり食事の内容の影響が非常に大きいです。

現在の日本の栄養状態を考えると、非常に恵まれており
一見、栄養過多・十分に取れているように感じますが
特定の栄養素が不足していることが非常に多いです。

子供の身長を伸ばすためのサポート食品

身長といえば「カルシウム」

というイメージが浸透していますが、カルシウムが身長を伸ばすわけではありません。

伸びるための手助け・材料になるだけであり
身長を伸ばすための一番の要因は「成長ホルモン」です。

その成長ホルモンを分泌するために必要な栄養素が「アルギニン」であり

食事からの摂取だけでは不足しがちです。

そこで、アルギニンを不足させないための栄養補助商品をご紹介します。

Dr.Senobiru

アルギニンに特化した栄養補助食品であり、
飲みやすいグレープフルーツ味の顆粒タイプで水に溶かして飲みます。

これだけで、アルギニン不足は防げるため
栄養過多になりやすい、「サプリ」等を飲ませるよりもよいはずです。

カルシウムに関しては、最低限の摂取量があれば大丈夫だと認識しましょう。

しかし、牛乳が苦手だったり、小食だという子は
不足しがちなミネラル分でもあるため、補助としても食品も場合によっては必要です。

小さい頃から始められ、こちらもサプリ等よりは
「足りない分だけ摂取出来る」とういう点で非常に手軽で便利なためおすすmです。

睡眠の習慣をしっかり付ける

これらの栄養素をとっても、実際に成長ホルモンを
分泌させなければ全く意味がありません。

そして、一番ホルモンが分泌されるタイミングは「睡眠中」です。

これは小さければ小さいほど大切なことですが
しっかりと「睡眠をとる習慣」をつけ
夜になったら「自然と眠くなる」ようにしてあげましょう。

身長を伸ばすことの、一番の妨げが「夜更かし」です。

そうは言っても、本格的に身長が伸びるのは
成長期が始まってからであり、それからでも間に合うことも多いため
それまでの準備だと思って、気楽に進められる対策で十分です。

だからこそ、神経質にならないで済む
簡単な対策を知っておくと、余裕が持てます。