人間の悩みの中で最も「現実的」なものは
「お金」にまつわるものであり、特に「家族」がいる人間
家計を預かっており、現実を受け入れなければいけない
立場であることの多い主婦は、悩んでいることも多いようです。

不景気と言われる中で、お金に関する悩みは
珍しいことではありませんが、切実であることに変わりなく
「どうすればいいのか」途方に暮れている方も多いと思います。

そもそも、なぜ家計が苦しいのか。

もちろん「お金が足りないから」には違いませんが
お金が足りなくなってしまう理由としては

  • そもそも収入が少ない
  • 収入に比べて支出が多い

いずれかの2パターンがあると思います。

何ができるのか?を整理してみる

「無駄な保険は解約しましょう。」

「お風呂の残り湯で選択しましょう。」

そういった、ありきたりのものに意味はありません。

そういったことで解決出来るのであれば
それほど切実な悩みとは言えません。

ただし「現実を見直す」ということと「解決策」を考えることは重要です。

特に「いずれ破たんする」可能性が高い場合には
早期に解決策を見つける必要があります。

まずは正直にパートナーに相談すること

まず、1人で悩むのはやめましょう。

とにかく、まずは一番のパートナーである「夫」に相談しましょう。

1人の知恵よりも、2人の知恵で解決しましょう。

「夫に言っても、何も変わらない」

と思っている人も多いかもしれません。

しかし、一言はっきりと「やばいよ」ということを
伝えるだけで、意識が変わってくるものであり
もしかしたら

  • 副業を始めてくれる
  • 給料(条件)について会社と掛け合ってくれる
  • 何か「売れる」ものを持っている

という、現実的な解決策を持っているかもしれません。

稀に、家計が苦しいことを知らなくて
本人は「株」「競馬」等でお金を稼いでいたという例もあります。

とにかく、まずは相談してみましょう。

最も現実的な解決方法

そうは言っても、夫に相談したところで
どうにもならないということも多いです。

そういった場合には、やはり自分で・自分も
お金を稼がなければならないと、パートを始めたり

「もう一度正社員で」と発起する女性も多いようです。

基本的には「節約」よりも「稼ぐ」方が、根本的な解決策であると言えます。

また、最近では自宅でお金を稼いでいる主婦も多く
中には、夫よりも稼いでいる主婦もいるようです。

まだ子供が幼いため、どうしても働きに出れないという主婦は

時間がある時に、研究しておくことをおススメします。

「劇的な解決策」になる場合も珍しくありません。

現実を変えるために「行動」する

悩んでいても、現実は変わりません。

現実を変えるためには、何らかの行動を開始する必要があります。

「やばいかも?」と感じた時には、「すでにやばい」ことがほとんどです。

子供が成長する、年をとって病院に通う
様々な面で、お金が必要な機会は増えていきます。
まずは「冷静に」現実と向き合ってみましょう。