スキンケアの基本的な目的とは、肌の<保湿>することになります。

そのため、いわゆる「ピチピチの肌」と呼ばれているような
水分をたっぷりと含んだ、保湿機能の高い若い肌にとっては
それほど心配することのない、重点的なケアが必要のないことのように思われます。

しかしながら、決してそのようなことはありません。

むしろ、20代から本格的なケアをすることが重要なのです。

まして、10~20代の時期というのは
ケアするどころか、肌を傷つける機会の多い時期でもあります。

基本的なメイクはもちろん、遊び疲れてメイクをしたまま寝てしまったり
いろいろ試してみたくて、自分の肌に合ってないアイテムを使ってしまうことも
若い時期ならではの、肌に対する悪習慣と言えます。

こういった習慣を続けることによって、ダメージを受けた肌は
年をとることで、そのダメージの結果が現れてくることになります。

長年受け続けた紫外線のによる、メラニンの蓄積によって
30代、40代に爆発的にシミが増えることは、その典型的な例と言えます。

そして「今はまだ問題ない」という油断は、最大の罠と言えます。

本気のスキンケアに遅すぎる・早すぎるということはない

スキンケアアイテムの、最大のターゲットは30代・40代であることは事実です。

それは、

「もっと綺麗になりたい!」

「まだまだ綺麗でいたい!」

という、気持ちが強い年代であるためです。

一方で、50代に差し掛かる頃には
「もういいや・・・」といった気持ちになることもまた事実です。

しかしながら現在の50代というのは、ひと昔前に比べて「まだまだ若い」と言えます。

諦めるには、まだ早いのです。

スキンケア・アンチエイジングとはまた異なる
更に一歩先の、<水分を留めることのできる肌>を目指しましょう。

そして本格的なスキンケアを始める時期には、早すぎる・遅すぎることはありません。

20代前半ですでに始まっている肌の劣化

そもそも肌の劣化というのは、20代の前半には始まっているものです。

それは、「グロースファクター」や「幹細胞」といった
<綺麗な肌を生み出す細胞>が、徐々に減少していくためです。

「30代はお肌の曲がり角」というのは、これらの根本的な要素が
劣化してしまった結果としての、格言と思われます。

問題となる現象は、それ以前に始まっているのです。

そして劣化が始まった後というのは、特別なスキンケアを施さない限りは
できることというのは、「いい肌細胞」をいかに減らさないかだけになってしまいます。

加えて、一般的なスキンケアアイテムというのは
そんほほとんどが、<一時しのぎ>に過ぎないものと言えます。

20代の女性におすすめのパック

とは言っても、20代の女性にとって、特に20代前半の時期は
日常的にパック(マスク)を使用することを、イメージできない方も多いかもしれません。

また経済的な面でも、抵抗があることが多いと思われます。

そういった場合には、せめて習慣として<ワンランク上のスキンケア>を取り入れること
実際に、より本格的な<準備>につながるものがおすすめと言えます。

そういった点から、「化粧水パック」の利用が適切です。

もちろん大人の女性として、本格的なシートマスクの利用もおすすめであり
その際には頻度を少なくして、費用面での負担を減らすことも1つの手段です。

「ご褒美」と準備を、同時に行うことができるはずです。

まだ保湿機能があるうちに、徐々に本気のスタートを決めましょう。

50代以降の女性におすすめのパック

50代の以降肌というのは、<すでにかなりの保湿機能を失っている>と考えられます。

そのため、まずは根本的な肌細胞の機能に働きかけることが必要です。

上記したグロースファクター成分を含むシートマスクは、徐々に増えてきており
やや高価ではありますが<まず最初に>試してみることをおすすめします。

また若い時期よりも、「使用頻度」が増えてしまうのは仕方がないことと言えます。

もちろん、併せて基本的なスキンケアを怠ってはなりません。

<フェイスパックだけでいい>という年齢ではないことを受け入れる必要がありますが
スキンケアが行き届く土台をを作るために、ぜひシートマスクを利用して欲しいと思います。

年をとらない人間はいません。

特に女性というのは、可能な限り美しくい続けたいものです。

そして<い続けたい>のであれば、何より大切なのは「継続」と言えます。

>>ライブチャットの求人は「ポケットワーク」と「FANZAライブチャット」がおすすめ!