自分の薄毛には「頭皮環境」が関係していると考えられる場合
「シャンプー」に関して、まず検討する人が多いようですが
その判断は正しいものであることが多いです。

そもそも、頭皮環境を左右する最も大きな要因として
「体質」というものが挙げられます。

脂漏性(脂っぽい)

ひこう性(乾燥している)

以上のどちらかの傾向が見られることが一般的であり
年をとればとるほど、傾向が顕著に現れます。

いずれにしても、頭皮が汚れることには違いなく
定期的な汚れの除去が必要であり、シャンプー・洗髪の1番の目的は
言うまでもなく、「清潔な頭皮を保つ」ということになります。

適切なケアをしていれば「致命的な悪化」を招くことは
基本的にはないはずですが、年をとることによって

  • 頭皮の傾向が極端になった
  • 実は、元々シャンプーが合っていなかった

といったことも考えられます。

シャンプーは後天的に頭皮を荒らす、最も大きな要因と言えます。

「スカルプシャンプー」は女性も使うべき

女性用のシャンプーは、数え切れない種類が販売されていますが
「育毛シャンプー」というものは、男性に比べて少ない傾向があります。

そもそも「男性よりは薄毛の悩みが少ない」という
イメージもあり、女性用の育毛アイテムといえば

「育毛剤」「美容液」といったものが主流になっています。

しかしながらも、少ないながらも「女性用育毛シャンプー」
呼ばれるものは存在しており、このサイトでも紹介していますが

中には「男性用と思われる」特に「スカルプシャンプー」
使用を検討している女性も多いようです。

「パッケージ」等の見た目で判断してしまう人も
多いようですが「男性の利用者が多い」シャンプーであっても
女性が使える・使ってもいい・使うべきものもあります。

女性のためのメリットが増えている

実は、今販売されている「スカルプシャンプー」は
「第二世代」のスカルプシャンプーであり
「アミノ酸シャンプー」というくくりになります。

「スカルプシャンプー」が「アミノ酸シャンプー」に進化することによって
変わった点として、従来の「スカルプシャンプー」の弱点であった

  • 洗い上がりの「ギシギシ」感
  • 髪から漂う「香り」

といった点の改善です。

両方とも「ノンシリコン」「無香料」といった
「スカルプシャンプー」の特性上、仕方が無いものでしたが
不満がある人も多く、特に女性には勧めづらい原因でもありました。

しかし「アミノ酸」成分が加わり「シリコン」や
「香料」を使用せずとも、課題をクリアすることができ
更に「天然成分」といった、安心感はそのままです。

「アミノ酸系スカルプシャンプー」のメリットとして
「脂漏性」「ひこう性」いずれの頭皮にも使えることがあり

今使っているシャンプーが疑わしいという方は
ぜひ、一度検討してみることをおススメします。